公務員就職、自己開発、そして未来へ

目指せ。未来の自分

公務員試験勉強

公務員留年

投稿日:

今年の公務員試験もそろそろ終盤を迎えますが、結果はいかがでしたでしょうか。

来年の試験を目指すのなら、上手く行かなかった原因をしっかりと突き止めておきましょう。

1 公務員試験を難しくしていなかったか

ひと昔前は、公務員試験と言ったら「学力重視」「面接そこそこ」で合格をしたものですが、最近は完全な人物重視の傾向に変わってしまいました。市役所試験でSCOA(スコア)を導入することも珍しくなくなってきました。SCOA試験なら専門知識は全く必要ありませんし、問題練習に時間が取れれば1次試験をクリアすることは難しくありません。

2 SCOA合格ライン

SCOAは60分で回答する試験です。出題数は全部で120問。1問あたり30秒という時間ですから、完璧に回答することは難しく、SCOAで試験が行われていることを知らずに本番の試験でいきなり形式が違うことに驚いてしまった人もいるかもしれません。

SCOAは基礎学力を試す試験ですので、一般に倍率は低めに設定されています。きになるSCOAの合格ラインもさほど高くはありません。

ただそれだけに事前にどんな問題が出るのかを知らないと、かなり不利な状況になることは間違いありませんので、あまり出回っていませんがSCOA模擬問題で事前練習をしておくことはかなり重要です。

3 公務員試験を諦めるタイミング

試験に合格しなければ、当然諦めるという選択をする人もいるでしょう。ただ公務員にしかない職業を選んでいたり、大学中退から消防士を目指すなど、ご自分の置かれている状況を考えた上で、そのタイミングを決めることも大事です。

4 公務員試験難しいと感じたら

SCOA公務員試験のことを話しましたが、それでもまだ、たくさんの試験が政治経済や化学などが出題される教養試験を行なっています。勉強しないで公務員になるとか、ロクに準備もしないで公務員試験を1ヶ月で合格するなど考えていない、真剣に公務員を目指す気持ちがあるのでしたら、公務員試験に自信のない人にその裏側の仕組みをお話して、試験に臨む方法をご紹介します。

お金と時間をかけずに公務員になる

-公務員試験勉強

Copyright© 目指せ。未来の自分 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.