公務員就職、自己開発、そして未来へ

目指せ。未来の自分

SCOA

SCOA試験の合格ライン

更新日:

公務員試験の合格ラインって、気になりますよね。

特に最近、

導入され始めたSCOA試験は、過去の合格ラインなんてデータは無いし、

ましてスピードがモノをいう試験なので、全く違う対策が必要です。

どんな試験でも合格ラインは、競争倍率によって決まります。

もちろんSCOA試験でも同じです。

ざっくりとした話ですが、1次試験の倍率が2倍なら合格ラインは平均点。3倍から5倍なら受験者の偏差値60というラインが目安です。

SCOA試験は、最近、地方公務員試験で行われることが多く、公務員試験専用の対策が必要ないことや性格検査もセットで付いてくることから、急速に普及されつつあります。

ちなみに、試験案内に「SCOA試験をやります」と書かれていることはありません。

その見分け方は下の詳しい内容でお伝えしています。

今年から、いきなりSCOA試験に変更なんてこともありますから、SCOAが実施されるかしっかり確認しておくことをオススメします。

SCOA試験の詳しい内容は続きをご覧ください。

-SCOA

Copyright© 目指せ。未来の自分 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.